本屋業suiranのこと
【出店者さんの日常:栞日としてきなしごと(長野 / 松本)】
 
今回「してきなしごと」を主宰しているウチダゴウさんは、都合により『敷島。本の森』には来られません。そのため、同じ松本市でお店を開いている「栞日」の菊地さんと共同ユニットでご参加いただきます。

「してきなしごと」の事務所は土間空間が広がるおもしろいつくりで、人間大好き!なボーダーテリアのロッホが元気いっぱいで出迎えてくれました。車を10分ぐらい走らせると「栞日」に到着。この日は菊地さんは不在で奥さまが愛息のハルキくんをおぶってお店番をされていました。「してきなしごと」も「栞日」も、どちらも既存の建物を活かし、シュッとしていてかっこいい空間ではありますが、なんというか、人間味あふれるあたたかいお店の方々のおかげで、肩の力を抜いてとっても心地いい時間を過ごすことができます。
 

e0200305_16163276.jpg

e0200305_16163454.jpg

e0200305_16163635.jpg

e0200305_16163886.jpg

e0200305_16163986.jpg



http://sioribi.jp(栞日)
http://oo53.com(してきなしごと)
by suiran-books | 2015-05-03 16:00 | 敷島。本の森 2015 | Comments(0)
<< 【出店者紹介】ロバの本屋(群馬... 【出店者紹介】OLD/NEW ... >>