本屋業suiranのこと
高崎のpeace treeさんに古本納品しました
日差しにあたためられた車を走らせて、ちょっと早い春の気分で納品してきました。
高崎の環状線にあるpeace treeさんです。県内では初めて古本をセレクトさせていただいた店。peace treeさんとの出会いはこちらを。

ここで作業をしていると続々と知り合いがやってきます。黙々と本棚に向かって作業をしていると突然肩をたたかれたり。群馬に拠点を置いて活動ができているのはこの店に出会ったからなんだと実感する瞬間であり、長時間滞在の始まりの合図でもあります。本日の記録は5時間弱でした。

アニキのような存在のスタッフ・江原さん。いつもいつもくだらない話ばかりで盛り上がっちゃいますが、服のことを聞けば何でも教えてくれます。他のスタッフのみなさんもびっくりするぐらいやさしく接客してくださるので、春に着て出かけたい服を見つけにぜひ。店内はもう春模様でした。

e0200305_18432754.jpg



- - -



今日は60冊ほど本を入れ替えました。
その中でもpeace tree感の高い本をご紹介します。
(紗がかかったような表紙の本は、パラフィン紙がかかっています)

e0200305_18434666.jpg

e0200305_18435453.jpg

e0200305_18433328.jpg

e0200305_18433638.jpg

e0200305_18435612.jpg

e0200305_18433058.jpg

e0200305_18433886.jpg

e0200305_1843518.jpg

e0200305_18434999.jpg

by suiran-books | 2015-02-16 19:39 | 本のこと | Comments(0)
<< 午後の匂い 書くこと >>