本屋業suiranのこと
<   2017年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
本をめくり 街をめぐる
自分を育ててくれた街、高崎の街を会場にして「本と街、人」をキーワードとした共同企画展を開催します。長く愛し使える道具の店matkaさんが主催となり、新刊書店のREBEL BOOKSさん、suiranは天華堂書店さんを会場とします。

天華堂書店さんは、高校入学時に教科書を買いに行った書店で、suiranとしては一時、店舗2階を倉庫兼作業場としてお借りしていました。


《本をめくり 街をめぐる》
2017年8月17日(木) - 2017年9月3日(日)
各会場の企画詳細、営業日程は、各店舗webにてご確認ください。

suiran




- - -




suiranは、天華堂書店さんの本棚をお借りして、suiranの活動を紹介します。


天華堂書店
群馬県高崎市寄合町31
駐車場はありません。近隣のコインパーキングをご利用ください。
*問い合わせはsuiranまでメールください。tutiya0606@gmail.com




- - -





〈出会いの紹介と古本の販売〉

suiranの活動には古本が欠かせません。仕入れ方法はさまざまですが、特に「出張買取」で出会った本は、持ち主さんとの出会いの記憶でもあります。

多くの出会いの中から5名の本棚を写真でご紹介し、suiranへ渡ってきた古本の販売を行います。

これがsuiranの活動の根幹です。

あわせて、この展示の背景に迫る『BOOK TREK』の別冊も販売します。


e0200305_07250471.jpg





〈suiranが発掘した天華堂書店〉

天華堂書店さんの2階をお借りしているとき、バックヤードにいろいろなものが眠っているのを発見し、古本屋の発掘心をくすぐられました。出張買取先でも本以外のものに出会うことがままあります。

今回は天華堂書店さんのバックヤードで発掘したものを天華堂書店さんの店頭で販売します。デッドストックの本やテープレコーダーなど、ユニークなものの宝庫でした。


e0200305_07345745.jpg





〈トークライブ:週二で通う本屋のレジでいつも話していること。〉

天華堂書店さんとは現在、職場のフリッツ・アートセンターがお取引をさせていただいています。毎週仕事前に立ち寄り、お仕事をして、お店のスタッフさんとおしゃベりをしています。

話の内容がなかなか興味深く、これはぜひ本好きの方と共有できれば!と思い、“公開おしゃべり”を行います。

天華堂書店が県内随一の売上を誇った雑誌は?
商店街に映画館が建ち並んだ時代のお客さんの流れは?
本てそもそもどこからどうやって入荷するの?

天華堂書店さんのこれまでと現在を通して、本屋のこと、高崎のことをより深く知られる時間になりますように。


浅見好枝(天華堂書店)+土屋裕一(suiran)
|日時|2017年8月28日(月)14:30から1時間程度
|会場|天華堂書店 群馬県高崎市寄合町31
|料金|無料
|定員|15名
|申込|tutiya0606@gmail.com
件名に「週二」、本文にお名前、お電話番号、人数、それぞれお好みの作家3名まで、明記ください。
*天華堂書店デッドストック紙ものセットをプレゼントします。
*駐車場はありません。近隣のコインパーキングをご利用ください。


e0200305_07330104.jpg



この夏、高崎の街を歩いて、本と過ごした思い出をつくってください。



by suiran-books | 2017-08-04 07:45 | 活動のこと | Comments(0)