本屋業suiranのこと
カテゴリ:活動のこと( 148 )
『d design travel GUNMA』で本をご紹介しました。
「ロングライフデザイン」をコンセプトに、47都道府県1冊ずつ同等に作成されるトラベルガイド『d design travel』の群馬号が今月ついに発売されました。


e0200305_17595234.jpg



その中で、毎号各都道府県を代表するような本を1冊紹介するページがあり、群馬号ではsurain土屋が選書し、ご紹介いたしました。

その「群馬県の本」は個人的にも非常に思い入れのある作品なので、正体は誌面をご覧ください。

こちらは職場のフリッツ・アートセンター内、book stand レンズでも販売していて、驚くようなペースで在庫がなくなります。「友人にプレゼントします」といった言葉がよく聞こえ、旅行誌としてはとてもめずらしい動き方をしている印象です。

編集部の方々がおよそ二か月間、群馬中を奔走し、出会い、感動した人・物・事・所の集大成です。




by suiran-books | 2017-11-28 17:58 | 活動のこと | Comments(0)
伊香保温泉「千明仁泉亭」のパンフレットを制作しました。
以前、蔵書整理のお仕事をさせていただいた伊香保温泉の宿「千明仁泉亭」の新しいパンフレット制作に参加しました。

suiran土屋がテキストを、土屋三和が写真を担当し、後藤朋美さんが全体のデザインをまとめました。

豊かな自然と、季節や時間によって見事に表情を変える眺望は、創業500年を誇る歴史と格式に勝るとも劣らない、宿の魅力的な財産です。

六角形の鶴のシンボルを中央に配し、上下には美しい空と緑が。


e0200305_19272354.jpg

e0200305_19272310.jpg

e0200305_19272303.jpg

e0200305_19272480.jpg


制作にあたって、伊香保を歩き、調べ、宿泊し、名物の石段街以外にもたくさんの見どころを発見できました。

古い文献を読みこむ作業は、伊香保の、千明仁泉亭の歴史に直接触れるような時間で、知的好奇心を終始突かれるような刺激的な体験でした。



by suiran-books | 2017-11-26 10:56 | 活動のこと | Comments(0)
「夜の本屋の音楽会」を終えて




2017年10月21日の夜は、音楽と本が紡ぐ特別な時間となりました。
たくさんのみなさま、ありがとうございました。




e0200305_17033350.jpg




e0200305_17033324.jpg




e0200305_17033317.jpg




e0200305_17033325.jpg




e0200305_17033365.jpg




e0200305_17033466.jpg




e0200305_17033251.jpg





BGM LAB.の新作CDは、book stand レンズでもお取り扱いしています。






by suiran-books | 2017-11-08 10:00 | 活動のこと | Comments(0)
夜の本屋の音楽会
第1部満員御礼

本に囲まれて聴いていただきたい音楽があります。

毎週金曜日の夜、職場のフリッツ・アートセンターで「夜の本屋」を開いています。営業時間を少し延長し、音楽や照明、椅子を特別に設えた、本を楽しむための静かな時間です。そんな「夜の本屋」のスペシャル、「夜の本屋の音楽会」を10月に開催します。この日限りは土曜日です。


・・・

 
e0200305_18115040.png



「夜の本屋の音楽会」

この秋、夜の本屋で音楽会を開きます。宮内優里さんとsphontikさんの生み出す心地よい音楽が、夜の本屋に響き渡ります。音楽会は2部構成で、第1部はおふたりそれぞれのライブパフォーマンスとセッションを、第2部ではBGM LAB.の生演奏を背景に、店内で自由に読書をお楽しみいただけます。本といっしょに、特別なひとときをお過ごしください。

○日時
10月21日(土)
《満員御礼》1部【LIVE】16:30開場 / 17:00開演 / 18:30終演
2部【夜の本屋でBGM】18:30開場 / 19:00開演 / 21:00終演
*1部は満員となりましたので、以降「キャンセル待ち」で受付いたします。

○出演

○ドリンク・フード

○料金
満員御礼1部 3,000円(1ドリンク付き、要予約) 
2部 500円(予約不要)
*1部は満員となりましたので、以降「キャンセル待ち」で受付いたします。
*1部からご来場のお客さまは、2部の料金は不要です。

○予約・問い合わせ
tutiya0606@gmail.com
本文に、お名前、電話番号、人数を明記の上、suiran土屋まで。

○会場
フリッツ・アートセンター
群馬県前橋市敷島町240-28
*駐車場がいっぱいの場合はご案内いたします。スタッフまでお尋ねください。
 

・・・


e0200305_18152097.jpg


葉山の本屋で出会ったCDが気に入って、夜、店で流していたら、「どなたの音楽ですか?」と何度も聞かれました。中には、葉山までCDを買いに行ったお客さんもいました。それがsphontikさんの音楽です。ご縁がつながり、宮内優里さんもお招きして音楽会を開催できることになりました。


大切な人と、もちろん、おひとりでも、本屋が会場なのでどなたも気兼ねなくお楽しみいただけるはずです。秋の夜の本屋で過ごす、忘れられない時間になればうれしいです。



by suiran-books | 2017-09-10 20:30 | 活動のこと | Comments(0)
本をめくり 街をめぐる
自分を育ててくれた街、高崎の街を会場にして「本と街、人」をキーワードとした共同企画展を開催します。長く愛し使える道具の店matkaさんが主催となり、新刊書店のREBEL BOOKSさん、suiranは天華堂書店さんを会場とします。

天華堂書店さんは、高校入学時に教科書を買いに行った書店で、suiranとしては一時、店舗2階を倉庫兼作業場としてお借りしていました。


《本をめくり 街をめぐる》
2017年8月17日(木) - 2017年9月3日(日)
各会場の企画詳細、営業日程は、各店舗webにてご確認ください。

suiran




- - -




suiranは、天華堂書店さんの本棚をお借りして、suiranの活動を紹介します。


天華堂書店
群馬県高崎市寄合町31
駐車場はありません。近隣のコインパーキングをご利用ください。
*問い合わせはsuiranまでメールください。tutiya0606@gmail.com




- - -





〈出会いの紹介と古本の販売〉

suiranの活動には古本が欠かせません。仕入れ方法はさまざまですが、特に「出張買取」で出会った本は、持ち主さんとの出会いの記憶でもあります。

多くの出会いの中から5名の本棚を写真でご紹介し、suiranへ渡ってきた古本の販売を行います。

これがsuiranの活動の根幹です。

あわせて、この展示の背景に迫る『BOOK TREK』の別冊も販売します。


e0200305_07250471.jpg





〈suiranが発掘した天華堂書店〉

天華堂書店さんの2階をお借りしているとき、バックヤードにいろいろなものが眠っているのを発見し、古本屋の発掘心をくすぐられました。出張買取先でも本以外のものに出会うことがままあります。

今回は天華堂書店さんのバックヤードで発掘したものを天華堂書店さんの店頭で販売します。デッドストックの本やテープレコーダーなど、ユニークなものの宝庫でした。


e0200305_07345745.jpg





〈トークライブ:週二で通う本屋のレジでいつも話していること。〉

天華堂書店さんとは現在、職場のフリッツ・アートセンターがお取引をさせていただいています。毎週仕事前に立ち寄り、お仕事をして、お店のスタッフさんとおしゃベりをしています。

話の内容がなかなか興味深く、これはぜひ本好きの方と共有できれば!と思い、“公開おしゃべり”を行います。

天華堂書店が県内随一の売上を誇った雑誌は?
商店街に映画館が建ち並んだ時代のお客さんの流れは?
本てそもそもどこからどうやって入荷するの?

天華堂書店さんのこれまでと現在を通して、本屋のこと、高崎のことをより深く知られる時間になりますように。


浅見好枝(天華堂書店)+土屋裕一(suiran)
|日時|2017年8月28日(月)14:30から1時間程度
|会場|天華堂書店 群馬県高崎市寄合町31
|料金|無料
|定員|15名
|申込|tutiya0606@gmail.com
件名に「週二」、本文にお名前、お電話番号、人数、それぞれお好みの作家3名まで、明記ください。
*天華堂書店デッドストック紙ものセットをプレゼントします。
*駐車場はありません。近隣のコインパーキングをご利用ください。


e0200305_07330104.jpg



この夏、高崎の街を歩いて、本と過ごした思い出をつくってください。



by suiran-books | 2017-08-04 07:45 | 活動のこと | Comments(0)
グループ展「hon/to」を開催します。
古本の委託販売店でいちばん多く本を置かせていただいているのは、埼玉県川口市にあるsenkiyaです。広い敷地に建つsenkiyaは、敷地内にさまざまな店舗が混在しています。

その一棟が今回グループ展を開催させていただくギャラリーtanabikeです。

tanabikeは僕と同じ年の山地くんが運営している場所。その展示は毎回たくさんのお客さんを笑顔にさせていて、なんて頼もしいんだろうと感心しながら、自分もがんばらないと!と刺激ももらっています。

以前から「ここで何かができたらいいね」と、なんとなく話にあがっていたことが、ついに実現できる日がやってきます。

うれしい!


- - -


e0200305_15485011.jpg


hon/to ホント

2016年10月22日(土) - 30日(日)、24日(月)休
12:00 - 18:00
*23日は終日在展予定です。

senkiyaの2階にある古本屋suiranがセレクトした本と、クラフトと、食のグループ展「hon/to」。
本と過ごす時間、ホントに好きなもの、ホントに大切なもの、ホントはなんだろう?
優しく、柔らかい時間の流れるtanabikeで、本のページをめくりながら、ふとそんなことを感じてもらえたら。

▼参加作家、店舗
suiran(本)
あしか図案(雑貨)
上原ミワ(写真)
Ui Kawakami(布雑貨)
小林商会(木の実)
City to Summit(雑貨)
Spoonship(スプーン、ZINE、他)
chai/ちぎらまりこ(雑貨)
中澤永子(紙もの雑貨)
natunatuna(紙もの雑貨)
FLASKA(ガラス小物)
Potzkun(雑貨)
monsoon donuts(23日ランチ出店)

▼イベント
「上原ミワ写真館」
家族と、恋人と、愛犬と、ホントに大切な人との時間を写真に残す一日写真館。

10月23日(日)
12:00 - 18:00
2,500円(ドリンク付)
*胸から上の写真です。
*撮影した写真はデータにてお渡しします。
予約優先。gallery.tanabike[at]gmail.com([ ]内を@に)
「氏名、電話番号」を明記の上、メールにてお送りください。



- - -



僕が慕うさまざまな分野でご活躍の知人が、一堂に会するグループ展です。
モノも情報もあふれる今の世の中で、僕が大切にしたい、みなさんに知っていただきたい方々です。

きっとワクワクする展示になるはず。ぜひ、時間に余裕をもって遊びにいらしてくださいね。

23日は終日在展し、職場のフリッツ・アートせセンターの絵本や洋書も販売する予定です。


ちなみに、こちらがtanabikeの山地くん。

e0200305_16010520.jpeg

人柄そのままの最高の笑顔。言葉はあれですが、ちょっとにくたらしいぐらいほんとうにすばらしい友人です。

そんな彼が携わるこれから先の企画にも期待していて間違いありません。

by suiran-books | 2016-10-15 10:10 | 活動のこと | Comments(0)
この秋のお知らせ

職場から見える公園の松林が、夕方のほんの数分間真っ赤に染まります。夏の終わりはいくつになってもさびしいものですが、気づけば秋の喜びに包まれています。


e0200305_13214058.jpg



この秋の出店・出品予定のご案内です。各地でみなさんにお会いできることを楽しみにしています。




- - -




e0200305_13215852.jpg


『宮代トウブコフェスティバル vol.2

日時:918日(日)- 19日(月・祝)、10時から16

場所:埼玉県南埼玉郡宮代町笠原1-1-1 進修館

入場無料、雨天決行


このイベントは「こども」をキーワードに、音楽・ごはん・おやつ・ワークショップ・マーケットが集結します。こどもはもちろん、おとなも楽しいイベントなので、この秋のスタートにおでかけください。suiranは職場の絵本屋「フリッツ・アートセンター」との合同出店です。今回は絵本と児童書がメインです。


http://tobuco-fes.com





e0200305_13220430.jpg


『香る本』

日時:922(木)- 102日(日)*26日(月)昼から土屋在店します

場所:長野県松本市深志3-7-8 栞日

入場無料


松本の本屋「栞日」が先日リニューアルオープンしました。店主の菊地さんはALPS BOOK CAMPを主催するなど大忙しの中、「より快適な空間へ」と栞日を進化させました。今回、辺りに金木犀の気配を感じるころ、くんくんと鼻を利かせたくなるような『香る本』をセレクトし、栞日で出張販売します。26日(月)は昼から在店しますので、ぜひおでかけください。


http://sioribi.jp

https://www.facebook.com/events/1793466894224458/





e0200305_13234214.jpg


10年目の秋の森で。~麦小舎 10周年感謝祭 マルシェ&ライブ~』

日時:109日(日)10時から16時半(15時以降はライブ観覧のお客様のみ入場可)

場所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-3407

入場無料(ライブは有料、要予約)


北軽井沢のブックカフェ「麦小舎」が、オープンから10年を迎えました。最初は客として通ったこの場所も、今では互いのイベントに参加し合うようになり、群馬で本と親しくなれるところとして、なくてはならない大切な場所になりました。この日は、ささやかなマルシェとtico moonさんのライブが開かれます。日暮れまで楽しんで、草津の宿にでも泊まり、翌日のブックニックにも来ていただければそれはもう最高の秋の日になるはずです。


http://mugikoya.exblog.jp/23477001/





e0200305_13220217.jpg


BOOK NiCK 2016

日時:1010日(月・祝)、10時から16

場所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢 北軽井沢ミュージックホール

入場無料


「秋の北軽井沢の森で、本と触れ合うピクニック!」、ほんとうに、これ以上何もいらないと思えます。避暑地としての北軽井沢も魅力的ですが、この時期の北軽井沢も木々が鮮やかに色づきはじめ、夏とはまたちがう美しい景色に包まれます。本と自然を満喫しに、ドライブの途中に、お立ち寄りください。


http://book-nick.mugikoya.com




by suiran-books | 2016-09-14 10:00 | 活動のこと | Comments(0)
「夏のボンッまつり」に参加します。
桐生市の本屋、ふやふや堂さんが主催する本のイベント「夏のボンッまつり」で古本を販売します。

e0200305_2392857.jpg


県内外の本屋さんと、群馬在住のクリエイターさんが「本」「紙もの」をキーワードに、セレクトした本やオリジナルの紙ものを販売し、ワークショップなんかもやってしまうユニークできっと楽しいイベントです。



会場は桐生市のコーヒー店Itoyacoffee factoryさんの2階。
元ネクタイ店の建物を活かした魅力的な佇まいです。

e0200305_23174314.jpg

2階でお気に入りの本を見つけて、1階でおいしいコーヒーを飲みながら楽しむ。
そりゃあもう最高だと思います。そして一息ついたら再び2階へ...。

終日しっかり店番をする出店はとても久しぶりなので、ぜひおしゃべりしに来てくださいね。とっておきの古本をたっぷりご用意してお待ちしています。



ふやふや堂の齋藤さんの本業は地図デザイン。チラシ裏面はまるごと桐生市の地図。このチラシを手にすれば「場所がわからない」「迷って行けない」なんてことはないはずです。
e0200305_2392419.jpg



- - -



『夏のボンッまつり』
2016年8月1日(月)、8月2日(火) 10時から19時
Itoyacoffee factory 2階
群馬県桐生市仲町3-15-20
*駐車場ありますが、満車の場合はお近くのコインパーキングをご案内します。


e0200305_2392150.jpg




参加本屋:

ふやふや堂 両日
(新刊本、じんわりと身体に染みわたる本、楽しい絵本、雑誌など)

suiran 両日
(おもしろく読んだ本とひとめぼれした古本)

古書 百千鳥 2日のみ
(生活がすこし色づくうつくしい本、すこし歩幅が変わる楽しい本)

京都から、ホホホ座と100000tの本 両日



参加クリエイター:

あしか図案 両日
(グラフィックデザイナー、本の販売と「消しゴムハンコでブックカバーを作ろう」ワークショップ*)

chai / ちぎらまりこ 両日
(貼り絵作家、ポストカードやzineなどの販売)

potzkun portrait stand 両日
(イラストレーター・デザイナー、zineやレタープレスポストカードなどの販売と似顔絵描き*)

zinphony 1日のみ
(zineイベント、zineの販売)

SNARK 1日のみ
(設計事務所、紙モノプロダクトの販売)

上原ミワ 2日のみ
(カメラマン、写真掲載誌含む本の販売)


*ワークショップは有料です。予約不要。
by suiran-books | 2016-07-14 00:00 | 活動のこと | Comments(0)
県内3店舗に古本を追加納品しました。
高崎市の生活周辺のモノやコトを発信するmatkaさんと、衣類のセレクトショップpeace treeさんに古本を追加納品しました。


e0200305_2331168.jpg

matkaさんは、装丁を見えるように飾ってもワクワクできるような古本を多めに。
数十年の時を経た本は、ただそれだけでも味わい深い風合いをまといます。




e0200305_23311067.jpg

peace treeさんは、2010年代を中心とする、カルチャーをテーマにした雑誌のバックナンバーを。手に取りやすく、目にも楽しい雑誌を入り口に、より深い趣味の世界へ。暮らしを彩るヒントも散らばっています。

店内もスタッフの江原さんもすっかり夏色でした。
e0200305_23311741.jpg

e0200305_23311499.jpg




桐生市の新刊書店ふやふや堂さんの古本棚にも追加納品しました。


e0200305_2331355.jpg

山に囲まれ、山に登るひとも多いこの土地には、自然に親しむ古本など。

県内ではここでしか買えない新刊本がたくさんあり、この日、僕は出版流通の本を買いました。コアな内容ですが、よくぞ出版してくれた!という読み応えのある特集でした。
e0200305_2331723.jpg




営業日時は、それぞれ店舗のWEBをご確認ください。



 
by suiran-books | 2016-06-19 22:00 | 活動のこと | Comments(0)
BOOK TREK
あしか図案さんとsuiranで本のユニットをつくりました。
BOOK TREK(ブックトレック)といいます。

e0200305_1947333.jpg


本にまつわるやってみたいこと。
本をもっと好きになれそうなこと。
そんなことをやっていこうと思っています。


活動の最初の一歩として、zine『BOOK TREK ISSUE.0』を作りました。これはポストカード付きの創刊準備号で、また別の形で『ISSUE.1』を出す予定です。現在、フリッツ・アートセンター内のbook stand レンズと、川口市のsenkiyaにて販売しています。

e0200305_19472075.jpg


デザインをあしか図案さん、写真を上原ミワさんにご担当いただき、suiranは本の選書とテキストを寄せました。特集は「本と歩く」。まさにそういう心持ちでいます。

本と歩いていこう。

e0200305_19471890.jpg

e0200305_19471521.jpg

by suiran-books | 2016-03-17 19:52 | 活動のこと | Comments(0)