本屋業suiranのこと
Oさんの本棚
先日、出張買取先でひとつの本棚に出会いました。

そこに収まる本はすべてパラフィンで丁寧に包まれて、並び順には意図が見え、背表紙の位置で美しく整列していました。各地の古本屋へでかけて収集した時間。読み込まれた時間。手間をかけた時間。本棚と向き合ったとき、あふれる時間と愛情があまりにも伝わって、それはもう触れることすら迷うほどでした。


買い取りにうかがうと、そこには必ずストーリーがあります。
明るいものも悲しいものも美しいものも、それはさまざまです。

「本は記憶とともにある」

ストーリーに触れるたび、いつもそんなことを感じていました。


大きくて印象的な本棚がきっかけとなって、買い取りさせていただいた本を次の方へお届けする活動とともに、本がそこにあった記憶を記録する活動もしていこうと決めました。

記録のお手伝いをしてくれるのはカメラマンの上原ミワさんです。



- - -



その本棚はOさんのお宅にありました。
ほとんどが山や自然の本で、特に、串田孫一、辻まこと、尾崎喜八、ヘッセの著書が多かったです。旦那さまが初めて貸してくれた本が辻まことの『すぎゆくアダモ』だったと、奥さまが恥ずかしそうに教えてくれました。

Oさん宅は建て替えのため取り壊しが決まっていて、この機に本も整理することを決断。

良い色に育った本棚と、さまざまな時間を含んだ本の記録です。





Oさんの本棚




e0200305_16155139.jpg






e0200305_1612222.jpg






e0200305_16135497.jpg






e0200305_16162640.jpg






e0200305_16122032.jpg






e0200305_16161816.jpg






e0200305_1617744.jpg



 
 
 
by suiran-books | 2016-07-02 10:00 | 本と記憶の記録 | Comments(0)
<< 「夏のボンッまつり」に参加します。 県内3店舗に古本を追加納品しました。 >>