本屋業suiranのこと
【出店者紹介】青と夜ノ空(東京)
 

青と夜ノ空

東京 / 吉祥寺


e0200305_2115098.jpg

e0200305_2112541.jpg


たとえば古本のセレクトであれば、古さや稀少性というポイントよりも、「見かけたことはあったけれど、そういう内容だったんだ」とか「あらためてご紹介いただくと無性に読みたくなる」とか、ふだんの生活圏から遠すぎない視点で、“気づき”をもらえるような気がします。青と夜ノ空さんで本に触れると、本をもっと好きになれそうです。お店で頻繁に開催されるワークショップやイベントも、他ではなかなかない内容で目が離せません。15日のご出店。


【出店者からみなさまへ】
 
今年、2回目の出店になります。
人と本、そして人と人をつなぐ場である「敷島ブックマルシェ」に参加できることをうれしく思っています。当日は、衣食住を中心にした本(古本と新刊本)やリトルプレスなどを販売予定です。
新緑の季節、皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。


【お店のweb】
 
http://www.aotoyorunosora.com
by suiran-books | 2016-04-30 07:30 | 敷島。本の森 2016 | Comments(0)
<< 【出店者紹介】キジブックス(群馬) 葵・フーバー・河野さんの企画展... >>