本屋業suiranのこと
【出店者紹介】してきなしごと(長野)
 

してきなしごと

長野 / 松本


e0200305_20341278.jpg

e0200305_20342100.jpg

e0200305_20341556.jpg

e0200305_20341940.jpg


主宰のウチダゴウさんには、昨年、フリッツ・アートセンターで詩の朗読をしていただきました。雨の音が響く店内に、ゴウさんの、低くてほどよくくぐもった包容な声が浸透しました。ゴウさんは背も高いですが、えも言われぬ大きさと安心を感じるひと。とは言え、豪放磊落とかではなくて、つむぐ言葉とデザインの繊細さや新鮮さに、これまた心をつかまれちゃうのです。15日のご出店。


【出店者からみなさまへ】
 
長野県松本市のまちはずれ、詩の執筆と朗読、そしてデザインを生業にしている、小さなアトリエです。幼少期を過ごした前橋、走り回った敷島公園で開かれるこの催しに、参加せず、なんていう選択肢を、ぼくは持ち合わせていません。
読んだり、飾ったり、贈ったり、包んだり、着たり、出かけたりできる、ありとあらゆる詩のオリジナルグッズを持ってゆきます。皆さんあまり知らないのですが、なんと、詩というのは、オーダーもできてしまいます。誰かのお祝いに、自分へのご褒美に、ぜひご注文ください。(オーダーいただいた詩は後日お送りします。そのほうが待ち遠しくて楽しいのです。)


【お店のweb】
 
http://www.oo53.com
https://www.facebook.com/shitekinashigoto.publishing
by suiran-books | 2016-04-30 07:30 | 敷島。本の森 2016 | Comments(0)
<< 【出店者紹介】キジブックス(群馬) 葵・フーバー・河野さんの企画展... >>